レディー

グループウェアによる情報共有の円滑化|企業サポートシステム

代表者印の管理方法

印鑑

企業で使用される印鑑のことを会社印鑑と呼び、その会社印鑑には様々な種類が存在します。その種類には、代表者印や銀行員、認印、角印といった会社印鑑があります。これらの会社印鑑の中でも、代表者印は企業において最も重要なものとなります。代表者印というのは、企業における代表者の印鑑であり企業自体の実印です。即ち、企業設立の際に法務局に提出する設立登記書類に使用した実印でもあるのです。そのため、代表者印を紛失したり盗難にあったりした際には大きなトラブルとなるのです。盗難された際には、大きな被害が発生する確率が高くなるでしょう。そういったトラブルを避けるためにも、代表者印は徹底した管理を行う必要があるのです。
企業の実印である代表印の管理を行う場合に最適とされる方法は、銀行の貸し金庫を利用するといった方法です。銀行の貸し金庫であれば、万全のセキュリティ下で管理を行えるので安心なのです。また、銀行の貸し金庫で保管する際には、代表者印と印鑑証明書を一緒に保管してはいけません。実印というのは、印鑑証明とセットで効果を発揮するため、これら二つを一緒に保管することは好まれないのです。銀行のセキュリティなら大丈夫だと考える企業のあるかと思いますが、どんな小さなリスクも避けるべきなのです。また、印鑑証明書でなくとも、免許証や保険証等の住所や氏名の判別できるものは一緒に保管してはいけません。そういったものがある場合、印鑑登録カードを作成することができ、悪用することが可能になってしまうのです。